不動産管理事業
サブリース事業

サブリース

オーナー様の手を煩わせることなく入居者管理を円滑に遂行します

当社では、miniminiフランチャイズと自社ブランド「住コンシェル宅都」による強力な募集窓口があります。 自社で自信を持って「入居率アップができる」という裏付けがあるからこそ、自社リスクを最小限にすることができ、オーナー様へ確かなサブリースのご提案を可能としています。 

サブリース、一括借上(転貸方式とは)

ビルやマンションの全戸を当社が一括して借り上げ、当社が入居者に転貸するサブリースシステムです。入居者募集から家賃の集金、建物の運営管理に至るまで全ての業務を当社が代行いたします。万一空室や滞納が発生した場合でもオーナー様には変わりなく毎月一定の賃料が支払われます。

サブリース、一括借上(転貸方式とは)イメージ図

オーナー様は常に安定した賃料収入を得ることが出来、かつ入居者募集や家賃回収、トラブル対応などの煩わしい業務の全てから開放されます。入退去時の室内補修費や募集広告経費などは、全て当社が負担します。一括借上げの最長契約期間は10年です。 賃貸経営をオーナー様自らで運営し収益を上げることは大変な労力が必要なため、サブリースは不安を解消する魅力的な商品といえるでしょう。しかしながらサブリースで物件を任せたからといっても不動産の管理や運用、そして資産価値の向上に努めることが出来ない賃貸管理会社では、必ずしもリスクが回避されているとはいえません。 プロパティマネジメントによる収益の拡大と資産価値の向上に努めて、はじめてサブリースを行える、私たちはこのように考えています。プロパティマネジメント力があるからこそ、私たちはサブリースをお勧めすることが出来るのです。

サブリースの特徴

サブリースによる、オーナー様の収益は家賃の85~90%を基準としております。築年数や地域性など、ご契約前に査定をさせていただきますが、これほどのパーセンテージが出せるのも、自社リスクを最小限に抑えることができるからこそ! 

自社提携法人や、提携社宅代行会社、営業拠点ネットワークなど法人需要を基盤としたリーシング力で、安定したサブリース事業をバックアップ。入居者確保がサブリースにおける安定収益の基盤となります。

多くのオーナー様の物件を手がけ、ご満足頂いてきた確かな実績と豊富な知識で、オーナー様の物件のサブリースも当社にお任せください。

「古い建物だから」と、サブリースをあきらめていませんか?弊社、保証専門会社である宅都リーシングなら、築年数の制限はございません。お気軽にご相談ください。
※査定の対象に築年数が含まれますため、パーセンテージに影響があります

賃貸物件のサブリース(一括借上げ)など、宅都は東京・大阪を中心とした不動産総合企業です。賃貸仲介や不動産管理、法人社宅など賃貸マンションの紹介や管理、開発、仲介まで、法人顧客を中心にご対応します。東京・大阪を中心に賃貸物件のサブリース(一括借上げ)はもちろん、お部屋探しブランド「住コンシェル宅都(タクト)」や法人社宅専門部署「法人営業部」が、法人・個人の皆様のお部屋探しをバックアップ。不動産の管理や開発・コンサルティングに至るまで、オーナー様の資産も最大限に活用し、入居者募集から建物管理までトータルにサポートします。
トップページ株式会社宅都についてプライバシーポリシーサイトマップ